Sysdig Blog

Search Results 11 - 20 of 91

August 11, 2021

SysdigがPrometheus監視における初のクラウドネイティブサービス統合の自動化を発表

サンフランシスコ – 2021年8月11日 – Secure DevOpsのリーダーであるSysdig,Inc,は、本日、Sysdig Monitorの大幅な機能強化を発表しました。Sysdig Monitorは、新しいインテグレーション管理、シンプルなクエリー、Prometheusマネージドサービスによる長期的なメトリクス保存により、Prometheusの導入を根本的に簡素化します。

August 11, 2021

痛みを伴わず、より多くの恩恵を得ることができます。Sysdig Monitorがオープンソースをベースにした監視統合の根本的な簡素化を実現!

この記事では、Prometheus エクスポーター・エコシステムの現在の長所と短所を紹介し、Sysdigでオープンソース・エクスポーターのパワーを活用して、ユーザー・エクスペリエンスを根本的に簡素化し、数回クリックするだけでアプリケーションを監視できるようにした方法を紹介します

August 5, 2021

Sysdig SecureによるAWS IAMの保護

IAM(Identity and Access Management)とは、誰がどのリソースにアクセスできるかを管理することであり、クラウドセキュリティにおいて非常に重要な役割を担っています。IAMは他のすべてのクラウドサービスと統合されているため、AWSの中でも最も複雑なアーキテクチャの1つとなっています。

August 3, 2021

Sysdigは、業界からハラスメントをなくすために「Respect in Security」を支援しています。

Sysdigでは、オープンソース技術を中心としたコミュニティの構築に多くの経験を持っています。コミュニティの主な強みは、性別、人種、民族、能力、宗教、文化、性的指向などに関係なく、新しいメンバーをいかに受け入れるか、その多様性やサポートの姿勢にあると考えています。

July 29, 2021

Kubernetes 1.22における新機能は?

Kubernetes 1.22のリリースが間近に迫っています。どこから始めましょうか?
今回のリリースでは、Kubernetes 1.21の50件、Kubernetes 1.20の43件から増加し、56件の機能強化が行われました。56の機能強化のうち、13はステーブル版への移行、24は改善を続ける既存の機能、16は完全な新機能です。

July 28, 2021

CVE-2021-33909 Sequoia を Falco で緩和する方法 – Linux ファイルシステムにおける特権昇格の脆弱性

CVE-2021-33909(Sequoiaと命名)は、Linuxのファイルシステムに影響する新たな特権昇格の脆弱性です。2021年7月に公開され、2014年に多くのLinuxディストロで紹介されました。その中には、Ubuntu(20.04、20.10、21.04)、Debian 11、Fedora 34 Workstation、そしてRed Hat製品の一部も含まれています。

July 27, 2021

Sysdigの新機能 – 2021年7月

毎月恒例のSysdigの最新情報をお届けします。アメリカの皆さん、7月4日おめでとうございます!フランスの皆さん、ボンヌバスティーユ。北半球では暑い日が続いていますが、皆さんは涼しく安全に過ごされているでしょうか。