Blog Icon

Blog Post

FAQ:『継続的な』クラウドセキュリティポスチャー管理

Sysdigは、クラウドセキュリティポスチャーマネジメント(CSPM)とクラウド脅威検知を単一のプラットフォームに統合しました。設定ミスや不審なアクティビティを識別することで、クラウドセキュリティリスクを一貫的に可視化します。CIS、PCI、NIST 800-53、SOC2などのコンプライアンスの検証を継続的に行える仕組みが実現できます。

詳しくは:

よくあるご質問

Q: CSPMとは何ですか?
A: CSPM(Cloud Security Posture Management)は、設定ミスやコンプライアンス違反を特定し、クラウドインフラストラクチャーのセキュリティを自動化します。CSPMツールは、クラウド・プロバイダーとのAPI統合を活用します。

Q: CSPMの主な使用例を教えてください。
A:
  • 静的設定管理:リスクのある構成設定を特定し、クラウド環境の現在のセキュリティ姿勢を可視化します。
  • クラウドコンプライアンス:CIS、NIST、PCIなどのセキュリティフレームワークのコンプライアンスを維持し、遵守するためのパスを提供します。
  • アセットディスカバリー:クラウドアカウント全体の資産インベントリにより、新しいアイテムが追加されたときに、そのアイテムが安全でコンプライアンスに適合しているかどうかを発見することができます。
  • マルチクラウドの脅威検知:公開されたストレージバケット、公開されたセキュリティグループ、漏洩したシークレット/認証情報、悪意のある活動、不正な行動などの誤設定を特定し、クラウドのアカウントやサービスを保護します。
Q:継続的クラウドセキュリティとは何ですか?
A:継続的なクラウドセキュリティは、クラウドセキュリティの姿勢管理とクラウド脅威の検知を単一のワークフローに統合します。クラウドの設定ミス(クラウドAPIを通じた設定メタデータ経由)や、アカウントやサービス間の危険な行動(AWS CloudTrailなどのクラウドアクティビティログ、GCP監査ログ経由)を相関させることでリスクを低減します。

Q: 継続的クラウドセキュリティと従来のCSPMとの違いは何ですか?
A:従来のクラウドセキュリティポスチャーマネジメント(CSPM)は、静的な設定の定期的なチェックに依存しています。継続的クラウドセキュリティは、クラウドログを解析することで静的なチェックを強化し、リスクを高める構成変更や悪意のある行為を示す可能性のある予期せぬ活動を特定します。攻撃者は、設定ミスや保護されていないサービスを悪用する機会を定期的に探しているため、こうしたチェックは継続的に行う必要があります。

Q: CSPMツールはどのようにデプロイされるのですか?
A: クラウドセキュリティポスチャー・マネジメント(CSPM)ツールは、エージェントレスモデルでデプロイされます。クラウドアカウントに接続することで、クラウド資産のディスカバリー、設定データのスキャン、設定ミスの検出、コンプライアンス違反の特定を開始することができます。

Q: CSPMとCWPPの違いは何ですか?
A: CSPM(Cloud Security Posture Management)はクラウドのコントロールプレーンを保護するもので、CWPP(Cloud Workload Protection Platform)はクラウド上で実行されるワークロードのセキュリティを中心に扱うものです。どちらもクラウド上の機密データを保護することに重点を置いています。

Stay up to date

Sign up to receive our newest.